ダイビングポイント - 沖縄ダイビング ガイドブック

沖縄ダイビング ガイドブック

メニュー

ダイビングポイント

ダイビング フォトギャラリー

ダイビングポイント

沖縄 ケラマ諸島

渡嘉敷島 アリガー南
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜20m
透明度20m〜30m
初・中級者向け

渡嘉敷島の西海岸を潜るドリフトポイント。流れは心地よく無理なく楽しめることが多い。
かなりの高い確率でアオウミガメ、タイマイに会うことができる。
岩肌にはサンゴの周りにキホシスズメダイ、ハナゴイ、キンギョハナダイが群れている。


【主な生物】
アオウミガメ タイマイ キホシスズメダイ ハナゴイ キンギョハナダイなど



渡嘉敷島 アリガーケーブル
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜25m
透明度20m〜30m
初・中級者向け

水中に大きな電話線のケーブルが張られているところからポイント名がついた。
浅いところの大きな根だけで5種類のクマノミが生息しておりクマノミの多いポイント。
沖へ出て行くと白い砂地にたくさんのガーデンイールが顔を出している。
その先の根にはキンメモドキ、スカシテンジクダイが群れており
複数のユカタハタが岩の周りを泳ぎ美しい光景を見ることができる。
流れが強い時もあり、沖まで出る場合は要注意。

【主な生物】
クマノミ ハマクマノミ ハナビラクマノミ カクレクマノミ セジロクマノミ
スカシテンジクダイ キンメモドキ ユカタハタ アオウミガメ タイマイ 
デバスズメダイ ハナゴイ など


渡嘉敷島 野崎
【特徴】
ボートポイント
深度10m〜25m
透明度20m〜40m
初・中級者向け

きれいに揃ったユビエダハマサンゴの群生は一見の価値あり。
無数のデバスズメダイ、ハナゴイが群れててサンゴの隙間にいろんな種のクマノミ。
サンゴの隙間にはアオウミガメ、タイマイが休んでいることも多い。

【主な生物】
アオウミガメ タイマイ デバスズメダイ ハナゴイ ハマクマノミ クマノミ ハナビラクマノミ 
など


儀志布 自津留
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜30m
透明度20m〜40m
中・上級者向け

儀志布島の最北で潜るドリフトポイント。流れが強い時は逆らって泳げないほど。
浅場のサンゴ周辺には無数のキンギョハナダイ、ハナゴイが群れている。
滑らかなドロップオフになっておりイソマグロもよく見ることができる。
大きな岩の下にはネムリブカがいることが多くツバメウオ、アカククリも良く見る。

【主な生物】
クマノミ ハナビラクマノミ キンギョハナダイ ハナゴイ
イソマグロ ネムリブカ ツバメウオ アカククリ
など


儀志布島 カメ吉
【特徴】
ボートポイント
深度10m〜20m
透明度20m〜30m
初・中級者向け

おそらくカメとの遭遇率はほぼ100%ケラマNo.1のカメポイント。
一度に4、5匹くらいのタイマイ、アオウミガメに会えることもある。
割とダイバー慣れしてて近づいてもあまり逃げずじっとしていてくれるカメもいる。

【主な生物】
タイマイ アオウミガメ
など


儀志布島 サンドトライアングル
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜20m
透明度20m〜30m
初・中級者向け

儀志布島と渡嘉敷島に挟まれており流れも少なく穏やかなポイント。
いろんな種類のクマノミをいたる所で見ることができサンゴも豊富。
深場へ行くと真っ白な砂地が広がりサンゴにはたくさんのスズメダイ群れている。
タイマイ、アオウミガメとの遭遇率も高いポイント。

【主な生物】
タイマイ アオウミガメ クマノミ ハマクマノミ ハナビラクマノミ
カクレクマノミ セジロクマノミ キンギョハナダイ ハナゴイ
など


黒島 立標
【特徴】
ボートポイント
深度10m〜25m
透明度20m〜40m
中・上級者向け

黒島の南にある立標周りで潜るドリフトポイント。夏場にはマンタの遭遇率がアップ。
広く成長したイソバナやサンゴの周りにはキンギョハナダイ、ハナゴイが群れている。
岩の下を除くとネムリブカが隠れていることも多い。
10mくらいの水中トンネルがあり、岩肌の穴に大きなカノコイセエビが潜んでいる。

【主な生物】
マンタ キンギョハナダイ ハナゴイ ネムリブカ 
など


黒島 ヒージャーベイ2
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜25m
透明度20m〜30m
初・中級者向け

浅場にはほとんど欠けることなくきれいに大きく育ったサンゴを見ることができる。
運が良ければガレ場の石にキンチャクガニを見つけることができることもある。
少し沖に出るとハナゴイ、キンギョハナダイ、グルクンが多く
島の近くには岩でできたトンネルをくぐる地形ポイントでもある

【主な生物】
クマノミ ハマクマノミ キンギョハナダイ ハナゴイ
アマミスズメダイ グルクン ネムリブカ タイマイ
など


黒島 ツインロック
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜30m
透明度20m〜40m
中・上級者向け

潮が当たりやすい所で流れが強いことが多いポイント。
そのかわり平均して透明度がよく足の着き場がないくらいサンゴが育っている。
浅場はキンギョハナダイが群れ深場へ行くと岩の切れ間でネブリブカとの遭遇が高い。
離れ根まで行くと1m級のイソマグロが現れることもよくある。

【主な生物】
イソマグロ ネムリブカ キンギョハナダイ 
クマノミ アマミスズメダイ ハナゴンベ
など


前島 サンチン
【特徴】
ボートポイント
深度5m〜18m
透明度15m〜25m
初・中級者向け

広い砂地に大きな岩がいくつかあり岩の上にはコブシメが産卵するサンゴがある。
他にもいろんなクマノミが住むイソギンチャクが大きく成長している。
リーフ沿いの隙間にはカノコイセエビの住みかがあり50cmくらいのものがいることも。

【主な生物】
クマノミ ハマクマノミ カクレクマノミ ハナビラクマノミ 
コブシメ モンガラカワハギ ヤマブキベラ
など





このダイビング情報サイトは、下記スポンサー様の情報提供も含め配信しております。

画像の説明 画像の説明 画像の説明
Copyright ©2008-2011 NorenzPRO Ltd. All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT3 / NorenzPRO